実家のモノを、売ってみた(リサイクルショップ編)

実家のモノを売ってみた comments(0) - ☆Le lien☆(ル・リアン)横浜 村上みつえ

出張可能な中古品買取業者や、実店舗があるリサイクルショップを

利用して「実家のモノ」を売ったときの実例をお伝えしています

 

 

            ☆Le lien☆(ル・リアン)の村上みつえです

     もしもの時に備える

 TM  「後悔しないための、あったかい『生前整理』」

     をお伝えしようと日々奮闘中です

 

 

    

 

 

「リサイクルショップ」は、最近、実用品や日用品の扱いが増加中

「買取専門業者」で値がつかず引き取り拒否されたモノも、相談してみると引き取ってくれることがあります

さらに一般廃棄物処理業の免許を持つ業者なら、大型家具・家電の処分も依頼が可能なことも

「リサイクルショップ」を上手に使って、実家のモノを手間なく、

気持ちよく減らしましょう。実例をご紹介します

 

 

箱入り日用品

・・・どこの実家の押入れにもある、未使用で箱に入ったままの

「お中元お歳暮」「引き出物」などのいただきものは、親が

「もったいない」と処分を嫌がるものの代表格

食器・洗剤、きれいなシーツ・タオルなどたいていは引き取ってくれるが、未使用でも古くなると変色変質があるのでご注意

 

家 電

・・・製造年月日が新しければ(およそ3年以内と聞きました)出張可のリサイクル業者で買い取ってくれることあり、事前に問合せを。ただし、家電リサイクル法により手続きや処分料金が必要になる「洗濯機・乾燥機」「エアコン」「テレビ」「冷蔵庫・冷凍庫」は、値がつかないと処分料金より高くつくので、もし安くあげたければ購入店に回収依頼するほうがベター

 

パソコン

・・・パソコンは回収・部品リサイクルが可能だが、値はつきにくい。リサイクル業者のほか、買い替えの場合は家電販売店で古いものを引き取ってくれることがある

処分するときは、ハードディスク内容の消去を忘れずに。業者によっては消去を依頼することもできるので、親に任せないこと

 

携帯電話・スマホ・タブレット

・・・使わなくなった端末を中古品として売るなら、機種変更するたびに個人情報を消去(データ初期化)して早めに手放すのがコツ。最近は大手リサイクルショップが買取りを強化してきているが、面倒なら、各購入ショップに持ち込むと、無料でデータを消去し引き取ってくれる

 

布団・大型家具

・・・きれいなモノなら出張可のリサイクル業者にまとめて引き取ってもらうのが楽。未使用の羽毛布団などは値がついたケースもあるが、大型家具については問合せてからのほうが無難

いずれ粗大ごみとして処理するときの手間と負担を考えて、処分費用をかけるくらいのつもりで

 

自転車

・・・自転車のリサイクルには、購入のとき防犯登録した警察署での「防犯登録の抹消」が必要。防犯登録は、1994年以降、自転車所有者は必ずするよう法律で決められているが、有効期間は地域によって異なるのでご注意(例えば東京都は登録から10年後、京都府は5年後に記録が自動的に抹消される)

「防犯登録の抹消」を済ませた自転車は、リサイクル業者の手間が省け、その後の名義変更もスムーズなので値がつきやすい

神奈川県の防犯登録有効期間は7年、今回は対象外でした

 

◎以上は2年前〜昨年12月末までの実例です。依頼業者等状況によってこの限りではないこともありますのでご承知ください

 

 

親がモノを手放す方法として「売ること」に慣れれば、

片づけは一気に進みます! ためしてみませんか?

 

 

無料ブログ作成サービス JUGEM