『生前整理』は、なぜあったかい・・・〈モノ〉編

後悔しないための『生前整理』とは comments(2) - ☆Le lien☆(ル・リアン)横浜 村上みつえ

 

前回まで、『生前整理』と「整理収納」「終活」との違い

「遺品整理」の大変さについてお伝えしてきました

『生前整理』について、もう少し具体的にお話ししましょう

 


 

    こんにちは!もしおや世代サポーター

    ☆Le lien☆(ル・リアン)の村上みつえです

    もしもの時に備える

TM   「後悔しないための、あったかい『生前整理』」

     をお伝えしようと日々奮闘中です

 

   

 

    

 

 

生前整理』とは「モノ」の片づけだけでなく、

ご自身の人生と向かい合いながら「心」を整理し、

ご家族とともに「情報」を共有していくこと

  ・・・この先を前向きに生きていくための行動です

 

 

今回は、まず「モノ」の片づけの例から、考えます

 

 

◎一番片づけにくいのは 「写真」 というお声が多いですね

 

写真やアルバムは、遺品整理の際、ご家族が最も処分に困るもののひとつです。ぜひ、ご自分で、過去の写真やアルバムの見直しを!

大切な思い出のある写真、顔写りが良い写真(笑)だけを選び出すのがコツ、あとは処分したり、データ化して量を減らしましょう

 

写真の整理が進むと 「元気なうちにこそ、自分らしい最高の写真を自身で用意したい」 というお気持ちになるのでしょうか、

あらかじめ撮ると縁起が悪い、と敬遠されがちだった「遺影写真」(最近では「エターナルフォト」という呼称が定着しつつありますが)・・・

写真整理を機会に、自ら「エターナルフォト」を撮影する方々も、着実に増えています

 

 

◎また 「趣味のモノ」 も困るもののひとつ

 

過去に夢中だった趣味の道具、作品、書籍、コレクションなど・・・趣味で作ったもの、集めたものは、興味のない人にとっては、価値がわかりません。 残念ながら、ただの不用品です

まず、「これだけは」という作品やコレクションを一軍として選抜したら、二軍を少し残し、あとは家族や親せき・友人にもらってくれる人がいれば、譲ってはいかがでしょう。それ以外は、思い切って処分してください

もちろん、これからもずっと必要なものは、一軍です。手放してはだめですよ

 

 

いかがでしょうか?

片づけにくいものの『生前整理』での片づけのコツは、

処分する前に

       「選抜すること」 です

 

 

◎まだまだ、たくさん、モノありますよね!

 

 着ていない衣類 ・ 高価だった装飾品 ・ 使っていない贈答品 ・ しまったままの寝具 ・ 飽きた家電・・・

「愛着があるからではないけど、もったいないから」

と置いてあるこれらのモノは、思い切って、売却することをおすすめします

細かいテクニックや体験談は後日お届けしますが、値段がつかなくても、寄付すると喜ばれるものもありますよ

 

 


「写真・アルバム」「趣味のモノ」などは、金銭的に価値があるかといえば、そうとも言えません。しかし、ご本人が生きてきた証し、想いが詰まっています

家族が困らないように、ご自身で『生前整理』するのが一番。 整理していくうちに、残したいもの、伝えたいことがわかってきます

 

親子で語り合いながら一緒に作業しても良いですね 

「家族が困らないよう、今、自分の想いのあるモノを整理する」

             ・・・これこそが究極の愛情表現!

 

「『生前整理』はあったかい」、と自信を持って伝えられるのは、こういう理由からです

 

 

    
   大好きな色の「ムスカリ」

   でも絵に描くのは大変!

コメント一覧

ひつじぐもさん、ありがとうございます
私も拝見しておりますよ、これからもよろしくお願いします

  • るりさん
  • 2017/01/22 10:52 PM

いつも拝見しております

  • ひつじぐもさん
  • 2017/01/18 5:25 PM
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM